質問集

13.服装はどのようなものがいいですか?

学科講習時
  特に指定しておりませんので、通常の服装でお出掛け下さい。
実技講習時  安全に受講していただくために・・・
 <全講習共通>
   (1)作業服など、動きやすく運転に適した服装でお出掛け下さい。
     夏でも「長ズボン」の着用をお願いします。
     ランニングシャツ・短パン・七部丈ズボンはご遠慮頂いております。 
   (2)靴は、作業靴・安全靴または運動靴などにして下さい。
     かかとのない靴やサンダル等はご遠慮下さい。
   (3)ヘルメットは、講習所で準備致しますが、ご持参いただいても結構です。
   (4)屋外講習のため雨天時は、雨具としてカッパ、冬季には防寒服をお勧め致します。
      ※フォークリフト運転技能講習のみ全天候型屋根付のため、雨具は不要です。
<さらに、玉掛け・床上操作式クレーン・小型移動式クレーン・クレーン特別教育受講の場合>
   (1)長袖、長ズボンを、必ず着用してください。

通常、講習初日が学科、2日目以降が実技講習となります。
下記のコースのみ、初日から実技です。
服装にご注意ください。
   ・車両系建設機械(解体用)
   ・クレーン特別教育1日コース
   ・車両系建設機械(整・運・積・掘) 6Hコース
   ・車両系建設機械(整・運・積・掘)10Hコース
また、フォークリフト全コースとも、初日から実技の場合がございます。
服装につきましては、講習中にも、適宜、ご案内させていただきます。



わたらせ技能講習センタではフォークリフト運転講習を毎日実施しています。